製品紹介

音声認識システム「NTE」

製品概要

お客様の「声」を認識(テキスト化)して、キーワードの抽出や要点を文書化をするシステムです。
コールセンターの自動応答システム(IVR)において、必要項目の入力をお客様との応対(声)から自動化することにより、オペレーターの負荷が軽減されます。
また、通話録音している応対をテキスト化して要約することで、事後処理を短縮します。
その結果、応答効率を高められるので、オペレーター待ちの解消や、重要なお客様のお問い合わせに集中するなど、より良い応対ができる環境を作る事ができるのです。
eVOICEは独自の音声分析技術と言語解析技術により、より扱い易いシステムのご提供を追求しています。
特許第5311348号 「音声キーワード照合システム」

◆ eV-ASR VOTEX-BOX システム構成例

画面イメージ

複数の話者による会話音声データを業界最高の精度でテキスト化する音声認識装置と日本語言語解析システムを組み合わせた構成です。
録音データやライブ音声ストリームを、あらゆる用途に使用できるテキストデータへと変換します。
高精度の米国Nuance社の「NTE」を使用し、あらゆる規模のマーケット(一般企業、政府、法的機関、医療、金融、放送、小売、など)で活用できます。
例えば、コールセンターでの大規模な通話データをテキストデータ化を行うことで、お客様についてより詳しく知ることが可能ですし、オペレーターがコンプライアンスを厳守しているかなどオペーターの評価/分析にご利用できます。
対話要約システム「eV-Outline」と連携する事で自動的に応対履歴を作成し、通話終了後のワーク時間の短縮化が図れます。
社内の音声および動画を書き起こすことで、検索やインデックス化を高速で行うことができるようになります。ビデオ会議、裁判所での記録、インタビューなどのテキストデータ化も可能です。
また、スマートフォンやタブレットなど、入力の煩わしさを一掃した対話型セルフサービスで、顧客の満足度向上を実現します。

画面イメージ

音声自動応答(IVR)で、辞書登録方式の音声認識エンジンとして、米国Nuance社の「Nuance Recognier」をご提供しています。
日時・時間・製品名などの定型的な認識においては、世界No.1の導入実績を誇る音声認識エンジンです。

 

音声認識管理システムの特長

  • 会話の一定時間以上の無音を検知して、音声認識(テキスト化)する単位を決定
  • 話者毎に無音で分割した単位を日本語言語解析機能により結合が可能
  • VOTEX-BOX標準搭載のNuance Transcription Engine(NTE)の弱点である
    日本語解析処理をDB(SQL Server)で学習したデータにて補填
  • 言語解析機能により、句読点の付加が可能
  • 業種・業務特有の誤認識を訂正する言語処理機能を搭載

音声認識エンジンの特長

  • オンプレミス型(VOTEX-BOX標準搭載)で、複数話者に対応したディクテー
    ション(テキスト化)を可能とした音声認識エンジン
  • バッチ、ストリーミングでの音声からのテキスト化が可能であり、認識辞書の
    チューニングを行わなくても高い認識精度を誇る
  • 北米を中心に、医療分野(電子カルテやX線技師による所見)や通信キャリア
    (留守番電話)をはじめ、あらゆる分野で圧倒的な導入実績を誇る

導入例

  • オペレーター入力支援
  • コールセンター応対記録作成支援
  • 会議録作成支援

仕様

システム名 音声認識システム「eV-ASR VOTEX-BOX」
CPU Xeon Dual Core 以上
メモリ 4GB以上
HDD 500GB以上・RAID1構成(推奨)
ネットワーク TCP/IPによるLAN接続環境
OS Microsoft Windows Server 2016 / 2019
認識対象の音声 話者毎に取得 または チャネル分離 を希望
G.711(8KHz, 8bit, μ-law)以上のクオリティが必須
エンジン 株式会社 NextGenビジネスソリューションズ
 音声認識装置(VOTEX-BOX)
  • 音声認識システム「eV-ASR VOTEX-BOX」の導入には、上記の条件を満たす
     環境が必要です。
  • ソフトウェアパッケージでのご提供になりますが、お客様のご要望に沿った
     カスタマイズを承ります。
もどる
ページトップ