導入例

お客様の感情(喜怒)を数値化

特長

お客様が特別な印象を受けたと判定した応対呼を自動的に探し出します。
話者の感情レベル(喜怒、不快)を数値化する感情解析システムと、音声認識システムのテキスト化で感情を表現する言葉(キーワード)の両面から感情を確認できます。
お客様の感情や心理状態をリアルタイムに把握することで、応対トラブルを未然に抑える効果があります。
全通話録音の中からお客様が不快感を示した会話を自動に抽出することにより、客観的かつ効率的な応対品質評価が行えます。
また、オペレーターのストレス度合も数値化が可能ですので、休憩や作業替えのタイミングに利用できます。

例えば、製造業のコールセンターでお客様の感情レベルが不快のままで切断された通話を抽出し、管理者が聴き直すシステムを導入しています。

導入イメージ

お客様の感情(喜怒)を数値化

使用システム

 
もどる
ページトップ