導入例

声紋認証によるクレーマー対策

特長

クレーマーと判断した話者の録音データから声紋情報を抽出し、クレーマー用の本人認証DBに音声モデル(声紋情報と個人情報)を登録します。
次回の通話時に、お客様の音声とクレーマー用の音声モデルと照合し、クレーマーか否かを判定します。
同じ手法で、特別待遇のお客様(VIP)を会話中に判別することが可能になり、顧客満足度向上に貢献することが可能です。

例えば、業種が科学のお客様相談室ではクレーマの検知や、通販会社ではVIPを検知するシステムを導入しています。

導入イメージ

声紋認証システムにより登録済顧客かクレーマー・不審者かを識別

使用システム

 
もどる
ページトップ