導入例

音声自動応答(IVR)

特長

音声自動応答(IVR)システムのシナリオ自動化には、お客様の声をテキスト化する「音声認識システム」、解答を導き出すAIエンジン「解答AIシステム」、お客様の精神状態(喜怒哀楽)を把握する「感情解析システム」、解答をお客様に伝える「音声合成システム」が必要になります。
eVOICEは、システムのご要望に合わせて最適な製品を組む合わせて、必要に応じて機能追加やカスタマイズをすることが可能です。

例えば、金融機関では銀行名と支店名、証券会社では上場企業名、通販会社では商品名をお客様の声を音声認識で受付、音声合成で復唱するシステムを導入しています。

お客様の性格を判定する「性格型&相性&適正判定システム」の利用で、性格型に合わせたシナリオを選択することで、お客様に寄り添ったスムーズな応対を実現します。

導入イメージ

情報提供・自動受注システム

使用システム

 
もどる
ページトップ