導入例

コールセンター応対記録作成支援

特長

オペレーターは、自動的に作成される応対の要約文(応対履歴)をもとに電話応対後の作業ができ、従来のように新規に作成するよりもワーク時間を短縮できます。
また、応対履歴で通話内容を手短にチェックできます。

例えば、製造業のコールセンターでは、応対報告書の作成を認識・要約システムで出力された内容を確認し必要時に修正して入力しています。
修正された内容は自動で定期的に更新されるAIの学習データとして活用されます。

導入イメージ

応対記録を自動で文書化

使用システム

 
もどる
ページトップ