製品紹介

感情解析システム「QA7」

製品概要

画面イメージ(クリックで全体)
画面イメージ(クリックで詳細)

声帯(会話)情報から脳波の動きを推定して感情(喜怒・ストレス・虚偽 など)を数値化する、Nemesysco社(イスラエル)のエンジンを採用しています。
コールセンターにおいて、リアルタイムにリスクコールを管理者に自動通知する機能、オペレーター毎に応対品質の評価やストレス・困惑度などを検知し対策を取ることで離職率を低減させる効果が期待できます。
また、音声認識システムと組み合わせて、人の気持ちを察して応答する仕組み(スマホ・タブレット・IVR)などの構築が可能です。
eVOICEは、音声分析の経験と実績に加え、創造性に満ちた技術力により最適なシステムをご提案致します。

 

これらの問題を解決いたします

  • お客様が不快感を示した会話をリアルタイムに検出したい。
  • オペレーターの対応を客観的な数値で評価したい。
  • ストレス・疲労度などを検知し対策を取ることでオペレータの離職率を低減させたい。

主な特長

  • 取得した音声データから「喜び」「怒り」「平静」等を分析し、顧客、オペレーターごとに客観的な評価が行なえます。
  • 音声認識システムと組み合わせることで音響的に検出できな事象を言葉(キーワード)で解析し、言葉と感情の変化を見ることができます。
  • 感情解析結果のグラフから、時間経過による会話単位の変化が確認できます。

導入例

  • お客様の感情(喜怒)を数値化

仕様

システム名 感情解析システム「eV-Emotion」
CPU Xeon Dual Core以上
メモリ 4GB以上
HDD 500GB以上・RAID1構成(推奨)
ネットワーク TCP/IPによるLAN接続環境
OS サーバ
 ・Microsoft Windows Server 2016 / 2019
クライアント
 ・Windows 10
エンジン ESジャパン 株式会社
 音声感情解析ESAS (Nemesysco LVA7)
  • 感情解析システムの導入には、上記の条件を満たす環境が必要です。
  • ソフトウェアパッケージでのご提供になりますが、お客様の要望に従った
     カスタマイズまたは開発キットでのご提供も承ります
もどる
ページトップ